スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9月21日PAN(韓国・済州島)での映像です

こんにちは!管理人のbabuです。
韓国、チェジュドでのライブ映像が届きました。
4・3事件記念館を見学しているところも映っています。

(4・3事件解説は以下をクリックしてくださいね)

済州島四・三事件;フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)

朝鮮近現代史研究者である藤永壯(ふじなが・たけし)さんのホームページ ナルゲ
「 序にかえて――済州島四・三事件と私たち――」





9月21日PAN(韓国・済州島)での映像
http://www.jejusori.net/news/articleView.html?idxno=69263


スポンサーサイト

09/08/29 金沢ライブ映像♪

2009年8月29日、金沢 もっきりやライブ
ピアノの弾き語りです
映像は、主催者のyamaさん制作・提供です。(ありがとうございます!!)

http://video.aol.co.uk/video-detail/-/2195772190

皆さんも良かったら宣伝してください

新聞各社にお送りした文章を転載します。
御活用できる場面がありましたらお使い下さい。





CD完成記念のライブツアーの広報を紙面で是非ともお願いできたらと思いまして、ご連絡させて頂きます。

今年でメジャーデビューから30周年を迎える朴保(パク・ポ)という在日2世のシンガーソングライターがいます。1979年、24歳でメジャーデビュー。しかし翌年の訪韓を機に、日本名の「広瀬友剛」(芸名)から「朴保」に改名を決意。そのことによって、日本の音楽界の表舞台にいることを許されなかった歌い手です。(詳細なプロフィールは文末をご覧ください。)
単身アメリカに渡っての活動も含めて長年磨きあげられた音楽性と歌声は、一度聴いたら忘れ難い稀有なものです。また、日本のボブ・マーリー、ボブ・ディランと評されたこともある曲のメッセージ性は日本の音楽シーンに決定的に足りないものを教えてくれます。私たちは、彼の音楽をもっと多くの人に聴いてもらいたいと感じ、この100人委員会を立ち上げました。

<朴保の音楽に共鳴する仲間で制作のための資金を出し合い、デビュー30周年記念アルバムを十分に納得のいくように創ってもらおう。その実現のため、その製作・販売を自主企画し活動しよう>というのが趣旨です。
そして、なんとか無事にこの7月、CDが完成まで漕ぎ着くことができました。『リムジン江』を含む背景ある全13曲の「音に一切の妥協をしなかった」と本人が語る自信作です。 残すは本勝負の販売です。一般発売は9月を予定し、7月から8月までは記念ツアーのライブ会場か、会員を通しての直売をやります。東京では7月11日から、大阪では8月29日から音楽ドキュメンタリー映画『Pak‐Poe』の上映が決定しております。どうぞ、御予定がつかれましたら、会場に足をお運び下さい。

ライブ、映画、30周年記念CD販売についての広報/取材の件、よろしくご検討下さりますよう、重ねてお願い申し上げます。14日、15日でしたら関西入りできますので本人取材が可能です。どうぞよろしくお願いします。ありがとうございました。

【朴保(パク・ポ)プロフィール】
1955年山梨県で韓国人の父と日本人の母の間に生まれる。 富士市で育ち、大学進学を機に東京に。 79年(24歳)、「広瀬友剛」の名でワーナーパイオニアからメジャーデビュー。同事務所デビューの故・河島英五さんと全国ツアーを廻るなど、事務所のホープと期待されていたが、翌年の訪韓を機に自らのルーツに目覚めて改名を決意。その為、以降インディーズでの活動となった(「朴保&切狂言」)。 83年単身渡米し、自身のバンド(「Psychedelic Samurai」、「Ogie Yocha」)を率いてサンフランシスコを拠点に活動、注目を集める。 92年帰国。その後も「東京ビビンバ倶楽部」など様々なバンドを結成・参加し、1997年に兄を含む4人で「朴保バンド」を結成・活動し今に至る。ロック、レゲエ、ソウル、朝鮮民謡を混在させたパワフルな音を身上とする。 ピースボートに2度乗船しており、2001年には朝鮮民主主義人民共和国、大韓民国の両国でのライブを実現。

 ● 主な仕事 ● 
 日韓合作映画『夜を賭けて』(金守珍監督2002年作品、原作;ヤン・ソギル、脚本;丸山昇一)の音楽を全面担当。サウンドトラック『夜を賭けて』発表(2002 )。
ドキュメンタリー映画では、『A』(森達也監督1998年作品)、宮城県在住の在日朝鮮人「慰安婦」被害女性、ソン・シンドさんのドキュメンタリー映画『オレの心は負けてない』(安海龍監督2007年作品)など、エンドロール曲に採用。韓国のミュージシャンと日韓同時発売CD、「東京ビビンバ倶楽部」、『夜を賭けて』サウンドトラックなど、今回の新アルバムも含めると8枚のCDをリリース。
 2009年6月には、杉良太郎の息子で俳優の山田純大の歌として「いつの日にか、きっと」がカバーシングルリリースされた。

◎オフィシャルサイト◎ http://www.pakpoe.com/
◎朴保(パクポー)新アルバム制作100人委員会のブログ◎
http://pakpoe100ninn2009.blog114.fc2.com/


[デビュー30周年アルバム完成記念ライブツアー]関西日程

●京都ライブ●7月16日(木)
「磔磔」(京都)朴保(vo.g) 朴実(g)
大村太一郎(b) 清水 達生(dr)
Sassy Tomo(keyboard)

開場18:00/開演19:00
前売3000円/当日3500円
問合せ先
「磔磔(たくたく)」
京都市下京区富小路仏光寺下がる
TEL:075-351-1321 
FAX:075-351-0208
URL:http://www.geisya.or.jp/~takutaku/

●神戸ライブ●
7月17日(金)
jazz&cafe「 Jam Jam 」(神戸・元町)朴保(vo.g) 朴実(g)
大村太一郎(b) 清水 達生(dr)

開場18:00/開演19:00
前売2500円/当日3000円 問合せ先
「 Jam Jam 」
神戸市中央区元町1-7-2 ニューもとビル地下1F
TEL:078-331-0876
URL:http://jamjam.tonosama.jp/index.html


●大阪ライブ●
7月19日(日)
ART CAFE & MUSIC BAR
「FAIRY」(大阪・梅田)朴保(vo.g) 朴実(g)
大村太一郎(b) 清水 達生(dr)
Sassy Tomo(keyboard)

開場19:00/開演20:00
前売3500円/当日3800円
問合せ先 「FAIRY」
大阪市北区野崎町6-8トレックノース梅田ビルB1
TEL: 06-6362-2358
URL: http://www.music-fairy.jp/
E-mail : info@music-fairy.jp
予約/問合せ:06-6361-0984(17:00~)
info@music-fairy.jp




■□■音楽ドキュメンタリー映画」
『PAK-POE』 (監督:田中幸夫)■□■

ミュージシャン・朴保(パクポー)の、韓国、日本、米国でのライブを追いながら、その歌に託した他民族・多文化共生、自由と反戦、環境、差別問題などの社会的メッセージを鮮明に浮かび上がらせた作品。( 68分 )

企画・制作・配給/風楽創作事務所
◆映画予告◆ 音楽ドキュメンタリー映画 PAK-POE (朴保) 予告編1分バージョン
http://www.youtube.com/watch?v=XqxLE8YI6SE


◎7月11日(土)~
東京・渋谷 UPLINK X

東京都渋谷区宇田川町37-18 トツネビル2階
TEL:03-6825-5502
URL:http://www.uplink.co.jp/x/


◎8月29日(土)~
大阪・十三 第七藝術劇場

大阪市淀川区十三本町1-7-27サンポードシティ6F
TEL:06-6302-2073
URL:http://www.nanagei.com/

◆問い合わせ連絡先
朴保新アルバム制作100人委員会

090-2389-8805(こかんほ)

昔のテレビ ドキュメンタリー『放送禁止歌』 の映像

You Tubeで映画の予告を見たら、若いめの朴保氏が出てきました。



◆森達也 『放送禁止歌』ドキュメンタリー (4/6)
 ※7分過ぎたあたりから出ています~
http://www.youtube.com/watch?v=tNV0rL7m5v8&feature=related

◆森達也 『放送禁止歌』ドキュメンタリー (5/6)
http://www.youtube.com/watch?v=Noga3rvq48E&NR=1



リムジン(イムジン)河は、新アルバム『架橋~未来へ』に、李政美(イ・ヂョンミ)さんと歌っているものが収録されます。御期待下さい。

◆李政美(イ・ヂョンミ)さんの公式ホームページ 『李政美の世界』
http://leejeongmi.com/

プロフィール

babu poe

Author:babu poe
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。